大阪と名古屋を格安・激安で移動する方法(最安値はなんと1,900円!)

2022.1.4

 西日本の最大都市大阪と東海地方の最大都市名古屋を移動するには、新幹線や近鉄特急など多くの交通手段がある。ここでは、公共交通機関を使用して、大阪の中心梅田にある大阪駅と名古屋駅とを移動する際の最も安い移動手段を考えてみる。

 なお、今回は、乗車券類は現金払いをして購入することを前提で考える。また、特急車両に自由席が併結されている列車に着いては、自由席を利用することとする。また、青春18きっぷは使用しないこととする。その他、金券ショップも使用しないこととする。

私が調べたところによると、最安値は、JR高速バスを利用する方法で、

片道1,900円で移動することができる。

SponsoredLink




①JR新幹線

まず、考えるのが新幹線

大阪駅から、JR在来線で新大阪まで移動し、新大阪駅から名古屋駅まで移動する方法を考えてみる。

乗車券:大阪→名古屋・・・3,410円

新幹線自由席・・・2,530円

合計・・・5,940円

移動時間:1時間10分前後(新大阪~名古屋間のぞみ利用時)

また、EX予約のe特急券を利用すると、自由席料金と同額で指定席に乗車することができるとともに、普通に窓口で購入するより安くなる。

②JR在来線(新快速を利用)

東海道本線には、特急並みのスピードで走る新快速電車が走っている。

大阪から名古屋駅まで行く場合、途中の米原~岐阜の約50㎞を除いて、快速運転がされている。

在来線を利用する場合、

①大阪→米原(JR西日本新快速)

②米原→名古屋(JR東海新快速または特別快速)

※時間帯によっては、米原から大垣まで普通列車で移動し、大垣駅で名古屋方面行の新快速または特別快速に乗り換える必要がある。

乗車券・・・3,410円

合計・・・3,410円

移動時間:2時間45分前後(時間帯によって、乗り換えの待ち時間に変動あり)

③近鉄特急

つづいて、難波と名古屋を結ぶ近鉄特急の利用を考える。なお、近鉄特急は全席指定席のため、指定席を利用することとする。

まずは、近鉄線に乗り換えるため、鶴橋まで移動をする。近鉄線は、難波始発だが、利便性を考え鶴橋乗り換えとする。

JR(大阪→鶴橋)・・・180円(所要時間20分程度)

続いて、鶴橋→近鉄名古屋間の移動である。

近鉄特急を利用することとする。

近鉄鶴橋駅→近鉄名古屋駅・・・4,340円(所要時間2時間30分程度)

乗車券・・・2,410円 ※金券ショップで近鉄の株主優待券を購入すればさらに安く抑えることができる。

指定席特急券・・・1,930円

合計・・・4,520円

移動時間:3時間前後(時間帯や乗り換え時間によって前後あり)

④近鉄線(普通車利用)

今度は、難波と名古屋を結ぶ特別料金のかからない急行列車の利用を考える。

まずは、近鉄線に乗り換えるため、鶴橋まで移動をする。近鉄線は、難波始発だが、利便性を考え鶴橋乗り換えとする。

JR(大阪→鶴橋)・・・180円(所要時間20分程度)

続いて、鶴橋→近鉄名古屋間の移動である。

大阪と名古屋とを直接結ぶ急行列車は運行がないため、伊勢中川駅での乗り換えが必要となる。

近鉄(鶴橋→近鉄名古屋)・・・2,410円(所要時間 乗り換えも含め約3時間30分)

※金券ショップで近鉄の株主優待券を購入すればさらに安く抑えることができる。

①鶴橋→伊勢中川(伊勢中川方面行の急行に乗車。所要時間は約2時間)

②伊勢中川→名古屋(名古屋行きの急行に乗車。所要時間は約1時間20分)

合計・・・2,590円

移動時間:4時間前後(時間帯や乗り換え時間によって前後あり)

⑤高速バス(JRバス)

続いて、JR高速バスを利用することを考えてみる。

大阪駅に隣接している大阪駅JR高速バスターミナルから名古屋駅まで乗車することとする。

JR高速バス(大阪駅→名古屋駅)・・・3,060円(所要時間 3時間程度)

合計・・・3,060円

移動時間:3時間前後(道路状況により異なる)

 普通運賃で片道3060円となっている。なお、当日でも割引運賃で購入できる場合もあるので、さらに安く移動できることもある。

 なお、京都駅からも名古屋駅行のバスが出ているが、片道2,600円となっているので、大阪から京都までの移動を考えると、やはり、大阪駅からバスに乗ったほうが安くなる。

SponsoredLink




まとめ

 普通運賃で最も安く移動できる方法は、近鉄電車の特別料金のかからない列車に乗る方法で、片道2,590円であったが、所要時間がかかってしまう。

 最も現実的で、安く移動する方法は、高速バスを利用する方法だろう。さらに、往復割引や、座席数に制限があるが前日までに購入すれば、下記のように片道1900円で行くことができる。

 時間がないときは、新幹線一択だが、時間に余裕がある場合や乗り換えをしたくないという方は、高速バスを利用してみてはどうか。

 なお、高速バスネットから事前に予約だけを行い、窓口でチケットを発券することも可能である。

リンク

EX予約・・・東海道・山陽新幹線ネット予約&チケットレス乗車サービス|JR東海 (jr-central.co.jp)

近鉄・・・近畿日本鉄道 (kintetsu.co.jp)

高速バスネット・・・高速バスネット:全国の高速バス・夜行・深夜バス予約 (kousokubus.net)

SponsoredLink



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。