これをみれば、すべてわかる!一日中遊べる中部国際空港セントレアの全容(愛知県常滑市)

2021年3月現在

SponsoredLink




 中部国際空港は、知多半島に位置する愛知県常滑市沖につくられた24時間運航可能な海上に浮かぶ国際空港である。2005年2月7日に開港し、現在は3500mの滑走路1本で運用されている。

 この中部国際空港には、温泉、ショッピングゾーン、飲食ゾーン、ボーイング787の飛行試験機が展示されているFLIGHT OF DREAMS、ボートレースの場外チケット売り場などの施設が充実しており、飛行機に乗らずとも、空港内で1日を楽しめるようになっている。そんな、中部国際空港を本サイトでは、一挙に紹介する。

中部国際空港全体図

目次

中部国際空港の就航路線

アクセスプラザ

第一ターミナル(T1)

FRIGHT OF DREAMS

第二ターミナル(T2)

ホテル

空港へのアクセス

リンク

中部国際空港の就航路線

国内線(T1)

日本航空(JAL)

釧路【季節運航】、帯広【季節運航】、札幌(千歳)、東京(羽田/成田)

日本トランスオーシャン航空(JTA)

沖縄(那覇)、宮古【季節運航】、石垣【季節運航】

全日本空輸(ANA)

女満別【季節運航】、旭川【季節運航】、札幌(千歳)、函館

秋田、仙台

東京(羽田/成田)

新潟

松山

福岡、長崎、熊本、宮崎、鹿児島

沖縄(那覇)、宮古、石垣

AIRDO

札幌(千歳)、函館

スターフライヤー

福岡

ソラシドエアー

宮崎、鹿児島、沖縄(那覇)

アイベックスエアラインズ

仙台、松山、福岡、大分、鹿児島

スカイマーク

札幌(千歳)、東京(成田)、鹿児島、沖縄(那覇)

ピーチ

札幌(千歳)、仙台、沖縄(那覇)、石垣

国内線(T2)

ジェットスタージャパン

札幌(千歳)、福岡、鹿児島、沖縄(那覇)

国際線(T1)

韓国

大韓航空・・・ソウル(仁川)、プサン

アシアナ航空・・・ソウル(仁川)

台湾

日本航空・・・台北(桃園)

スターフライヤー・・・台北(桃園)

チャイナエアライン・・・台北(桃園)

エバー航空・・・台北(桃園)

キャセイパシフィック航空・・・台北(桃園)

香港

キャセイパシフィック航空・・・香港(一部台北(桃園)経由)

香港エクスプレス・・・香港

中国大陸

 中国国際航空・・・北京/首都、上海/浦東

中国東方航空・・・北京/首都、上海/浦東、青島、西安(一部は上海/浦東経由)、武漢(上海/浦東経由)

          煙台、太原(煙台経由)、蘭州(上海/浦東経由)、成都(青島経由)

中国南方航空・・・上海/浦東、広州(一部は上海/浦東経由)、瀋陽、大連、長春、長沙、武漢

春秋航空・・・上海/浦東、寧波、深圳、石家荘、フフホト(石家荘経由)

吉祥航空・・・上海/浦東、南京

深圳航空・・・無錫、南通

天津航空・・・天津

上海航空・・・広州、温州

山東航空・・・青島、済南

浙江長龍航空・・・西安、杭州

ウルムチ航空・・・武漢、済南、ウルムチ(武漢 週3・済南 週4経由)

日本航空・・・上海/浦東、天津

エティハド航空・・・北京/首都

東南アジア

フィリピン航空・・・マニラ、セブ

ベトナム航空・・・ハノイ、ホーチミン

タイ国際航空・・・バンコク(スワンナプーム)

タイ・エアアジアX・・・バンコク(ドンムアン)

シンガポール航空・・・シンガポール

中東

エティハド航空・・・アブダビ

ヨーロッパ

ルフトハンザドイツ航空・・・フランクフルト

フィンランド航空・・・ヘルシンキ

アメリカ方面

日本航空・・・ホノルル

ユナイテッド航空・・・グアム

デルタ航空・・・ホノルル、デトロイト

国際線(T2)

ジェットスター・ジャパン・・・マニラ

韓国

チェジュ航空・・・ソウル/仁川

ティーウェイ航空・・・ソウル/仁川、チェジュ

エアプサン・・・釜山

台湾

タイガーエア台湾・・・台北/桃園、高雄

東南アジア

セブパシフィック航空・・・マニラ

タイ・ライオン・エア・・・バンコク/ドンムアン

グアム

ティーウェイ航空・・・グアム

フライト情報

最新のフライト情報は、下記を参照されたい。

なお、コロナウイルスの影響で発着するターミナルの変更も発生しているので、注意が必要。

中部国際空港・・・フライト | 中部国際空港 セントレア (centrair.jp)

アクセスプラザ

中部国際空港の中心となるアクセスプラザ。

ターミナル1、ターミナル2、FLIGHT OF DREAMS、名鉄中部国際空港駅、バス乗り場、船乗り場、駐車場、ホテルと中部国際空港の各施設を結ぶ中核の建物となっている。

アクセスプラザは、2F建てとなっている。

1F・・・バス乗り場、ボートレース場外チケット売り場

2F・・・案内所、名鉄中部国際空港駅、各施設への連絡路

2F

デカデカトした看板が目を引く中部国際空港駅

赤福の看板が目を引くこちらの方にはバス乗り場、ホテルへの連絡口がある。

1F

バス乗り場

1Fバス乗り場には、常滑市の観光案内所とボートレースの場外発売所がある。

第1ターミナル(T1)

つづいて、ターミナル1を紹介する。

アクセスプラザとターミナル1は隣接している。

ターミナル1は、4F建てとなっており、

1F・・・バスおりば

2F・・・国際線・国内線到着ロビー

3F・・・国際線・国内線チェックインカウンター、出発口

4F・・・ショッピング、飲食ゾーン、展望デッキとなっている。

1F

1Fのマップ

バス降車場

1Fの内部

ガチャガチャが多く設置してある。

充電もできるデスクもある。

ゆっくりと勉強でもできそうである。

国際空港にはよくある水飲み場

空港内に郵便局があるのは、何かとありがたい。

ローソン

TUBESq(チューブスクウェア)

こちらには、24時間利用が可能なシャワーを備えたカプセルホテルがある。

利用料金は、

3時間・・・2800円~

6時間・・・3300円~

9時間・・・3800円~

12時間・・・4300円~

18時間・・・4800円~

24時間・・・5300円~

シャワー・・・1時間900円

となっている。公式サイトのほか、楽天等のサイトでも予約が可能となっている。

TUBESq(チューブスクウェア)・・・【公式】TUBE Sq|中部国際空港ターミナルビル内カプセルホテル

空港内のトイレには、授乳室も完備されている。

なお、空港内のトイレはすべてウォシュレット対応となっている。

2F

2Fマップ

2Fは、国際線・国内線の到着ロビーとなっている。なお、2Fからはアクセスプラザへ直接アクセスすることができる。

国内線到着口

国内線側ミーティングスポット

国際線到着口

国際線側ミーティングスポット

外国人旅行者向けのトラベルセンター

MUFGの外貨両替所

SponsoredLink




クリーニングサービスもあるようだ。

クロネコヤマトの宅配カウンター

ゴミ箱が設置してあるのはありがたい。

到着ロビーからアクセスプラザへとつながる連絡通路。電車やバスへもすぐにアクセスすることができる。

3F

3Fマップ

3Fには、チェックインカウンターや国際線、国内線出発口がある。

中部国際空港は、日本では珍しい国内線・国際線が同じ建物の同じフロアーにあるので、とても便利が良い。

手前が国際線、奥が国内線となっている。

国内線カウンター

国際線カウンター

チェックインカウンターは、大きなモニターで案内されているので、とても分かりやすい。

国内線出発口

3Fにも数店のお店がある。

国際線出発口

中央の通路を進むとカードラウンジや銀行がある。

カードラウンジ

所有しているカードによって使うことのできるラウンジが3か所に分かれているので、注意が必要。

一番チェックインカウンターに近いラウンジ

さすが名古屋!

トヨタ系のカード所有者専用のラウンジもある。

プレミアムラウンジ2

三菱UFJ銀行

交番もある。

4F

つづいて、4Fへ。

4Fは、ショッピングゾーン、展望デッキとなっている。

エスカレーターを上がってすぐの広場

ポケモンストア

TSUTAYA

無印

国際線側のエリアは、洋風の建物で統一されている。

飛行機グッズを扱うお店もある。

ユニクロ

フードコート

国内線側のゾーンは、和風で統一されている。

矢場とん

ひつまぶし

和風なつくりで統一されている。

こちらには入浴施設もある。

【入浴料】
大人(中学生以上) 955円(税抜)
小人(小学生以上) 591円(税抜)
幼児(6歳未満) 191円(税抜)
※幼児以外はタオル・バスタオルのレンタル込み

コロナの影響により、営業にも影響が出ている。

最新情報は、下記を参照。

展望風呂「風(フー)の湯」 – ショップ | 中部国際空港 セントレア (centrair.jp)

続いて、展望デッキへ。

このスカイデッキの営業時間は、7:00~20:00となっている。

スカイデッキからの眺め。

スカイデッキの奥には、ダイニングがある。

スカイデッキ奥のダイニング近くにあるエレベーターを下に降りてみる。

すると、このような空間が広がっている。

人がいなく、とても静かな空間となっている。

FRIGHT OF DREAMS

続いて、B787が展示してある、FRIGHT OF DREAMSを紹介する。

アクセスプラザを経由して、駐車場の前を通り、ターミナル2方面へ向かう。

途中、動く歩道が設置してある。

ターミナル1から5分ほど歩くと、B787が描かれている大きな建物が見えてくる。これが、FRIGHT OF DREAMSである。ちなみに、右奥に見えているのが、ターミナル2である。

FRIGHT OF DREAMSは、3F建てとなっている。

FRIGHT OF DREAMSのマップ

3F

3Fにあるスタバ。

このスタバからは、展示しているB787を上から眺めることができる。

スタバのカウンター

スタバから撮影

2F

2Fはフードコートとなっている。

2FからもB787を眺めることができる。

1F

1Fは、有料ゾーンとなっている。

営業時間

10:00~17:00 (最終入場16:30)

入場料(当日券)

大人(中学生以上)1,200円

子ども(3歳〜小学6年生)800円

3歳未満無料

1F有料ゾーンからの眺め

定期的にプロジェクションマッピングが流れる

メインギアも下から覗くことができる。

有料ゾーンは、9つのアトラクションが用意されており、楽しむことができる。

航空機製造の流れを見ることができる。

出口には、ショップもある。

こんなものも売られていた。

税込み341,000円であった。

3Fからのプロジェクトマッピングの眺め。

ターミナル2(T2)

つづいて、ターミナル2へ。

ターミナル1からFRIGHT OF DREAMSを経由して、徒歩7~8分ほどで行くことができる。

1Fが、バス乗り場、到着ロビー

2Fが出発ロビーとなっている。

2F入り口

コロナの影響で、閉館となっていた。

1F到着ロビー

ターミナル2にもバス停がある。

ホテル

中部国際空港島には、

①中部国際空港セントレアホテル

②コンフォートホテル中部国際空港

③フォーポイントバイシェラトン名古屋 中部国際空港

④東横イン中部国際空港1

⑤東横イン中部国際空港2

ターミナル1から一番離れている東横インでも、アクセスプラザから徒歩約8分程度でアクセスできる。

東横インとフォーポイントバイシェラトン名古屋 中部国際空港

SponsoredLink




アクセス

名古屋市内からは、知多半島道路→知多横断道路→セントレアラインというルートでアクセスするのが一般的である。

通行料金は、知多半島道路の起点である大高IC・伊勢湾岸道と接続する大府西ICからセントレア東ICまで普通車で910円、軽自動車で790円となっている。

名古屋市内:名古屋高速名駅ランプ→知多半島道路→セントレア東:1690円(普通車)所要時間は、40分ほどである。

駐車場

セントレアラインを出ると、すぐに左手にタイムズ駐車場がある。

24時間880円である。

空港島内では、一番安いのではと思う。

東横インの駐車場。

宿泊者でなくとも駐車することができる。

24時間1000円である。

空港ターミナルに一番近い、中部国際空港の駐車場。P1~P4に分かれている。

駐車料金

1時間:300円

24時間:1600円

6日目以降は30日目まで一律8000円である。

長期間駐車する場合は、結構お得である。

鉄道

名鉄線が乗り入れている

名古屋を経由して岐阜や新鵜沼への直通の特急ミュースカイが運行されている。

バス

アクセスプラザ1Fにあるバス乗り場

中部国際空港とのバス路線があるのは下記である。

関西方面

・京都駅八条口

三重方面

・長島温泉、桑名駅

・近鉄四日市

岐阜方面

・高山

愛知県内

・レゴランド

・名古屋駅

・藤が丘駅

・豊田市駅

・知多半田駅

・知立駅

・東名豊川

静岡方面

・浜松(浜松西IC、舘山寺温泉、浜松駅)

・磐田IC、掛川IC

船乗り場へは、アクセスプラザを出て、正面コンフォートホテルの方へ向かう。

アクセスプラザから、徒歩4分で船乗り場に到着

この船乗り場からは、三重県の津へ向かう高速船が出ている。

時刻表・運賃(運航情報入り) | 津エアポートライン (tsu-airportline.co.jp)

中部国際空港・・・中部国際空港 セントレア (centrair.jp)

名古屋鉄道・・・電車のご利用案内 | 名古屋鉄道 (meitetsu.co.jp)

知多横断道路・セントレアライン・・・知多横断道路・中部国際空港連絡道路(セントレアライン) – 愛知道路コンセッション株式会社|ARC (arcc.jp)

中部国際空港駐車場・・・駐車場 – アクセス | 中部国際空港 セントレア (centrair.jp)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です