旧空港ターミナルを使用したショッピングモールエアポートウォーク名古屋

エアポートウォーク名古屋は、愛知県西春日井郡豊山町にあるショッピングモールである。もともと名古屋空港国際線ターミナルビルとして使われていた建物を2005年2月、中部国際空港開港を機に改装したショッピングモールである。

SponsoredLink

写真のように見た目からももともと空港のターミナルビルだったことがうかがえる。

モールは、5階建てで、1~4階が商業ゾーン、5階が県営名古屋空港や航空自衛隊小牧基地を発着する航空機を眺めることができる展望デッキとなっている。

エアポートウォークの正面側

店舗内。

これだけを見ると、普通のショッピングセンターと変わりない。

エアポートウォークとあいち航空ミュージアムの連絡通路。

名古屋空港時代のボーディングブリッジが利用されている。

まるでこれから飛行機に乗り込むかのような雰囲気だ。

エアポートウォーク裏側の駐車場

もともと、エプロンだったところが使われている。

3階のフードコート。

もともと航空会社のカウンターがあったところのようだ。

出発便の案内掲示板が掲げてある。本当に空港内にいるようだ。

それにしても、JALのロゴが懐かしい。

フードコートの隣は、ゲームセンターとなっている。

4階の飲食店街。

成田や関西空港を思い出す。

4階紀伊国屋書店横から、5回展望デッキへと上がる階段がある。

外の空間の開館時間は、10:00~20:00までのようである。

アクセス

名古屋市内からだと、名古屋駅・栄・名鉄西春駅・JR中央線勝川駅から名鉄バス・あおい交通バスで県営名古屋空港方面行の便に乗車。

  1. 県営名古屋空港下車徒歩約9分
  2. あいち航空ミュージアム下車徒歩すぐ
  3. エアポートウォーク下車徒歩すぐ(名鉄西春駅からの便のみ)

エアポートウォーク名古屋は、航空博物館であるあいち航空ミュージアムと隣接し、県営名古屋空港までも徒歩約9分ほどである。

ショッピングをして、飛行機を眺めて、飛行機のことを学習してと、1日楽しめる場所である。

リンク

  • エアポートウォーク名古屋

http://airportwalk.com/

  • あいち航空ミュージアム

https://aichi-mof.com/

SponsoredLink

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です