ESTAの個人申請・取得方法

今回は、ハワイを含むアメリが合衆国に入国する際に絶対に必要となるESTAの申請・取得方法についてご紹介します。ESTAとは、アメリカの電子渡航認システムのことであり、アメリカ入国者の中に危険人物が含まれていないかなどを事前に把握するために、アメリカ合衆国政府が導入したシステムとなります。

SponsoredLink




ESTAの申請は、簡単なもので、個人でも申請できます。申請代行業者に申請をお願いすると$80など高額な代金を請求される場合もあります。今回は、公式サイトでの申請の方法を紹介します。ESTAの公式サイトも日本語に対応しています。

公式サイトで申請した場合、$14のみで申請できます。なお、ESTAの有効期限は2年間となります。

なお、ESTAの申請は、出発の72時間前までに必要。

ESTA申請が不要な場合:グアム、北マリアナ諸島(サイパン)に関しては、ビザ免除プログラム適用のため、申請をしなくても、入国可能。

申請後、72時間以内に渡航許可の通知メールが届きます。認証が承認された旨の書面は、印刷して旅行の際には持参したほうが良いです。私は、フィリピン経由でハワイに行ったことがあるのですが、日本の出発空港およびマニラでの乗り継ぎの際に、ESTAの認証が出ているかのチェックがあり、印刷した書面を提示する場面がありました。

公式サイト

https://esta.cbp.dhs.gov/

URLを上記に載せておきます。ヤフーなどの検索エンジンでESTAと検索すると、正式サイト以外のものが上位に来ますので、注意が必要です。

なお、TOPページの右上(パソコン画面にESTAと書かれている上)の国旗マークをクリックすると、言語が変更でき、日本語にも変更することができます。

TOPページを下にスクロールし、「START NEW INDIVIDUAL APPICATION(スタート新しい個人申請) 」をクリックします。

すると、上記のような免責事項に関する注意事項が表示されます。

「Yes, I have read and understand the information and agree to these terms.(はい、情報を読んで理解し、これらの条件に同意します。)」にチェックを入れ、「NEXT」をクリックします。

つづいて、個人情報の入力画面となります。

Family Name(苗字)・・・SUZUKI

First (Given) Name(名前)・・・TARO

Gender・・・性別(Male:男性 または Female:女性)
Date of Birth・・・生年月日

Day(誕生日)・・・18

Month(誕生月)・・・June

Year(誕生年)・・・1985
City of Birth(生まれた都市)・・・NAGOYA

Country of Birth’(生まれた国)・・・JAPAN
Passport Number(パスポート番号)・・・TH8534762

Country of Citizenship(国籍)・・・JAPAN
National Identification Number(国民識別番号)・・・記載不要

Issuance Date(パスポート発行日)

Day(パスポート発行日)・・・19

Month(パスポート発行月)・・・March

Year(パスポート発行年)・・・2013

Issuing Country(パスポート発行国)・・・JAPAN
Personal Identification Number(個人識別番号)・・・記載不要

Expiration Date(パスポート有効期限)

Day(パスポート有効期限日)・・・19

Month(パスポート有効期限月)・・・March

Year(パスポート有効期限年)・・・2023

Are you now, a citizen or national of any other country?(あなたは今、他の国の市民または国民ですか?)・・・基本はNOを選択

Have you ever been a citizen or national of any other country?(他の国の市民または国民になったことがありますか?)・・・基本はNOを選択

IMPORTANT: Your application number will be sent to the email address entered below. You must verify your email address to complete your application.
E-mail Address(重要:アプリケーション番号は、以下に入力したメールアドレスに送信されます。申し込みを完了するには、メールアドレスを確認する必要があります。
電子メールアドレス)・・・メールアドレスを記入

上記を入力後、NEXTをクリック

以降、住所や滞在先等の必要事項を記入していき、クレジットカードにて、$14支払うと、申請が完了となります。

申請後

ESTAの許可が下りたら、上記のようなメールが届きます。

メールを開くと、

赤枠で囲まれた場所が、申請ナンバーとなります。このナンバーをコピーし、ESTAの公式サイトへと行きます。

https://esta.cbp.dhs.gov/

日本語に表示を変えたのち、赤枠の既存の申請を続行する→個人による申請とクリックします。

パスポート番号、生年月日、申請番号を入力し、申請の検索をクリックします。

すると、認証は承認されましたという画面に変更し、印刷ボタンをクリックし、印刷します。

これで、アメリカ合衆国へ入国する書類の準備は完了です。

なお、ESTAは2年間有効です。1回目の申請でハワイに行き、その後2年以内にニューヨークへ行くなどとなった場合、ESTAの再申請は不要で、滞在先の変更をWEB上で行えばよいです。なお、これまでの経験上、目的地が変更になっても、ESTAの登録情報を変えなかったことによる問題が起きたことはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です