シンガポール3泊4日のバカンス旅行記

 今回で4回目のシンガポールへの旅行となった。4日間の休みができ、ゆっくりとした旅行がしたいと思い、シンガポール旅行を決めた。今回は、ゆっくりとした旅行をするということを決め、ノープランで行くことにした。なお、航空券とホテルはエクスペディアにて予約を取った。

SponsoredLink




 シンガポール3日間ののんびりとした旅の様子を紹介する。

旅程

2020年1月9日:羽田8:50→シンガポール15:20(シンガポール航空SQ631 プレミアムエコノミー)

        クインシーホテル泊(オーチャードエリア)

2020年1月10日:シンガポール観光

        クインシーホテル泊(オーチャードエリア)

2020年1月11日:シンガポール観光

クインシーホテル泊(オーチャードエリア)

2020年1月12日:シンガポール14:05→羽田21:40(シンガポール航空SQ634 プレミアムエコノミー)

旅費:往復航空券(SQ プレミアムエコノミー)+クインシーホテル(3泊分 3食付き):\179,976

マーラインオン公園からの夜景

1日目

シンガポールへ向けて出発

旅のスタートは、羽田空港国際線ターミナル。

座席は、プレミアムエコノミーの通路側を選択。プレミアムエコノミークラスの座席配列は、2+4+2列となっている。ちなみに機種は、B777-300ERとなっていた。シンガポールまでの飛行時間は、7時間30分ほど。

機内食(昼食)

食後には、ハーゲンダッツも出た。ちなみに、機内食は、エコノミークラスと同様のもの。

シンガポール到着

市内へ出よう!

空港から市内への交通機関は、MRT(地下鉄)、バス、タクシーのいずれかである。今回は、もっとも一般的なMRTを使用する。

チャンギ空港の到着。

これから、MRT(地下鉄)に乗り、市内中心部オーチャードにあるホテルへと向かう。

その前に、まずは両替所へと向かう。5000円分の両替をまず行う。両替は、市内の両替所で行ったほうが、幾分レートが良い。

チャンギエアポート駅

ターミナル3到着の場合、到着口が1Fにあり、MRTの駅は、B2Fから接続している。

 ここから、MRTに乗り、市内中心部のオーチャードまで1.9シンガポールドル(1S$=80円換算で、152円ほど 1時間ぐらいかかる)

 なお、シンガポール内の公共交通機関を利用するなら、EZ-Linkカードを作ろう。日本でいうSuicaみたいなもの。バスやMRT等シンガポール内の公共交通機関すべてで使える。MRTの大きな駅には、有人のチケットオフィスがあるので、そちらで、「EZ-Link card Prease!」といえば、購入できる。値段は、(S$12 チャージ金S$7+デポジット金S$5)以降、駅の自動券売機で簡単にチャージができる。

 その他に、1日乗車券等もある。なお、1日乗車券では、セントーサ島に渡ることはできないので要注意である。

これが、EZ-Linkカードである。

これが、自動券売機

日本語には対応していないが、操作方法は簡単。

MRTの路線図。ガイドブック等にも載っているので、ポケットに1枚持っておくと便利。目的の駅に行くにも、乗り換えが必要なことが多いためだ。

 チャンギ空港から2駅目のタナメラ駅。空港からの電車は、全便ここで折り返す。市内に行くには、こちらで乗り換え。2面3線の構造となっており、空港線の電車は、すべて中線に停車する。そのため、ホームの移動は、電車の降りる方向で変えられるため、非常に便利である。市内行きは、進行方向左側の扉から降りよう。

EWラインのJoo Koon行きに乗車。

EW13のCity Holl駅で乗り換える。

EW13のCity Holl駅でNS1のJurong East行きに乗り換え、3駅目のNS22 Orchardで下車。

MRTの改札。改札機のカードリーダーにEZ-Linkカードを接触させれば、入出場できる。

なお、オーチャド駅は複雑な地下街の中にある。地上のオーチャードロードには、横断歩道が少ない。案内看板も少ないので、目的の場所に行くには、いったん地上に出て、GoogleMap等を確認したほうが良い。初めての人には注意が必要。

地上へ

オーチャードは、日本でいう銀座みたいなところ。日系のデパート(高島屋や伊勢丹)もある。写真右側のラッキープラザという商業施設は、庶民的な商業施設である。なお、このラッキープラザ内にはいくつかの両替所があり、レートも良い。両替はぜひこちらで。

ラッキープラザの両替所

オーチャードには、伊勢丹の店舗が2館(スコッツ店・オーチャード店)ある。

高島屋

オーチャードアイオン

MRTオーチャード駅と直結。

2Fには、紅茶で有名なTWGの店舗がある。

オーチャードアイオン2FのTWGの店舗

クインシーホテルへ

オーチャド駅から、歩いて15分ほどでクインシーホテルへ。

独特のデザインである。

部屋の様子。一人で過ごすには十分すぎる広さだ。

もちろん無料でWI-FIも使える。また、コーラ等のソフトドリンクも無料で飲める。

洗面台もきれいだ。

水しか出ないが、簡易式のウォシュレットもついている。

風呂場も広い。きちんとお湯も出た。それなりの水量であった。(笑)

このホテルの良いところは、食事が3食付いているところだ。品数は少ないが、十分だ。のんびりとした旅を過ごすのに、ホテルでの食事がついていることはありがたい。

1日目の夕食。無料だ(笑)

なお、屋上には、プールやジム、サウナもついている。もちろん、宿泊者は無料で使える。

タオルも備え付けられている。私は、食後の運動として、3kmほどランニングマシンで軽く汗をかいた。

その後、風呂に入り就寝。

2日目へと続く・・・

2日目

今日は、日中は、アラブストリートへ散策に。夜は、マリーナベイサンズへナイトショーを見に行くとにした。

朝食をホテルで食べ、さっそく出発。

まずは、オーチャード駅からMRTへ乗車。

ここから、アラブストリート最寄り駅のブギス駅を目指す。

ブギスへは、City Holl駅で1回の乗り換えが必要となる。


ブギス駅到着。

徒歩10分でアラブストリートに到着。

アラブストリートにあるモスク。シンガポール最大のサルタンモスク。

アラブストリートの街並み。

アラブストリートに来た目的は、お土産として、香水を買うためだ。

香水専門店のJamal Kazura Aromatics(ジャマル カズラ アロマティクス)

シンガポールで有名なお土産としては、マーラーイオンのお菓子、パイナップルケーキ、石鹸等あるが、香水も有名なお土産である。

香水専門店のJamal Kazura Aromatics(ジャマル カズラ アロマティクス)までの行き方は、下記参照で。

店内には、たくさんの香水や香水瓶が並べられている。フレーバーは、直接匂いをかいで確認することができる。なお、調合もしてもらうことができる。

私が購入した際は、香水瓶も購入して、80S$程度であった。

次に、ムスタファーセンターへと向かった。

ムスタファーセンターとは、24時間営業の総合スーパーである。2棟からなり、食品、雑貨、家電、医薬品等なんでもそろう。お土産を買うなら、ムスタファーセンターに行けば何でもそろう。

ムスタファーセンターへは、MRTで移動する。最寄り駅は、ファラーパーク駅。

ファラーパーク駅からムスタファーセンターまでは、徒歩5分

ファラーパーク駅から徒歩5分ほどで、ムスタファーセンターに到着。両替所もあるので、両替したい方はぜひ。

店内は、商品で埋め尽くされている。迷路のようである。まるで、日本のドン・キホーテみたい。

石鹸だけでもこの量。

ちなみに、ムスタファーセンターで買い物をしたら、レジ袋をインシロックで閉じられる。おそらく、万引き防止のためだと思うが。

ムスタファーセンターの店内MAPは、下記ムスタファーセンター公式ページで確認を。

http://www.mustafa.com.sg/mustafalocationmap/

このあと、ホテルに戻り、ランチを。

ホテルのランチは、ケーキやマフィンなど。

おやつ程度のものとなるので注意。

このあと、部屋で昼寝をする。

起きたら、18:00前だった。汗

夕食をホテルで取り、マリーナベイサンズへ。

夜のマリーナベイサンズ前から見た夜景。この後、ナイトショーが20:00と21:00に開催される。

なお、マリーナベイサンズへは、MRTのBay Front(ベイフロント)駅直結となっている。このマリーナベイサンズにはカジノもある。カジノへは、パスポートを見せれば、外国人は無料で入ることができる。服装は、サンダルや短パンなどよほどのことでない限り、入場を拒まれることはない。カジノ内には、レストランや、両替所などもある。無料のドリンクバーもある。

20:00からのショー

1回15分程度のショーである。とても華やかな噴水ショーである。このあと、マーライオン広場へと歩いて向かう。マーライオン広場までは、歩いて20分ほど。

21:00からのショーを今度は、マーライオン広場から見た。マリーナベイサンズから出る光線はとてもきれいだ。

このあと、マーライオン広場から、歩いて10分ほどの場所にあるMRTのRuffles Place(ラッフルズプレイス)駅からMRTに乗り、ホテルへと戻った。

3日目へと続く・・・

3日目

この日は、セントーサへと向かう。

リゾートアイランドセントーサへは、Vivo Cityというショッピングセンターから行くことになる。MRTのVivoCity駅からバスかセントーサエクスプレスに乗るのがメジャーな行き方である。

VivoCityは、シンガポール最大のショッピングモールである。ユニクロやダイソー、ベスト電器などの日系企業も入っている。

VivCityの3Fにセントーサエクスプレスの駅がある。

入島料として、2S$を支払う。EZ-Linkカードも使える。

なお、バスやセントーサエクスプレスの運賃は無料である。セントーサからの帰りは、乗車のために運賃を取られることはない。

一つ目の駅Resort World station駅で下車

Resort World station駅最寄りには、カジノやユニバーサルスタジオ、水族館などがある。

当時、取り壊しが進んでいたセントーサのマーライオン。

今は、もうなくなっているであろう。

セントーサにあるビーチ。

スカイダイビングが体験できる施設。

このほか、セントーサ内には、サーフィンを体験できる施設や、バンジージャンプ、ローラールージュ等アクテビティーなアトラクションが数多くある。一日中楽しめる島である。

セントーサ島をあとにして、今度はチャイナタウンを目指す。写真は、セントーサエクスプレスから見えるセントーサ島。

VivoCityからMRTに乗車し、チャイナタウンへ。チャイナタウン駅を出たら、目の前が中華街となっている。

春節の前ということもあり、賑わっていた。

チャイナタウンにある佛牙寺

寺院の中はには、無数の仏像で並びつくされている。

このあと、オーチャードに戻る。

伊勢丹スコッツ店おB1Fにあるフードコートで遅いランチとした。

シンガポール名物のチキンライス。チキンは、ボイルまたはローストで選ぶことができる。

このあと、ホテルでおやつタイム。

晩御飯をホテルで食べたのち、夜のお散歩へ。

また、MRTに乗車し、Bay Front駅へ。

今回は、マリーナベイサンズに隣接しているガーデンズ・バイ・ザ・ベイへ。

夜は、とても幻想的である。

なお、ガーデンズ・バイ・ザ・ベイは、ツリーの中に上らない限り、無料で入ることができる。

最終日

帰国へ・・・

帰国のフライトは、チャンギ空港14:05発なので、ゆっくりと朝はできる。クインシーホテルのチェックアウト時間は12:00なので安心してゆっくりできる。

MRTでチャンギ空港へ。チェックイン後、出国。

なお、チャンギ空港の詳細は、下記をご覧ください。

昼は、スターアライアンスゴールドメンバー用のラウンジで。


ターミナル3のA13ゲートから出発。

最後に

シンガポールにはこのほかにシンガポール動物園(ナイトサファリやリバーサファリ)、飛行機を臨めるチャンギビレッジなどの見どころもある。シンガポールは治安もよく、初めての海外旅行にはうってつけの国である。少し足を延ばせば、インドネシアやマレーシアにも行くことができる。

皆さんもぜひ、常夏の国シンガポールへ行ってみてはどうでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です