静岡県で最も高いビル 浜松市を一望することができる浜松アクトタワー展望回廊に行ってきた

2022.5.5

 静岡県で最も人口の多い浜松市の玄関、浜松駅に隣接してそびえる浜松アクトタワー。ビルの高さは、212.77mと静岡県では最も高い建物となっている。1998年の名古屋駅にそびえ立つJRセントラルタワーズ完成までは、東海地方で最も高い建物となっていた。10㎞以上離れた浜松市の浜北区や天竜区からもその姿を確認することができる。ビルは、複合施設アクトシティー浜松の一角を担うもので、オフィスやホテルが入居している。最上階の45階(185m)は、展望回廊となっており、浜松市を一望することができる。

 今回は、そんな展望回廊に行ってきた様子を紹介する。なお、現在、展望回廊の営業は、毎日やっていないようなので注意が必要である。営業日に関しては、事前の確認を必ず行ってください。

SponsoredLink


 展望回廊は、ホテルオークラが管理しており、1Fのホテルオークラフロント近くにあるエレベーターを利用することになる。なお、45階まで行くエレベーターは、5基の内2機のみであるので、注意が必要。

 

エレベーター内部

 エレベーターは、宿泊者と共用となっている。余談だが、エレベーターの内扉は、楽器の町浜松らしく、音符が描かれている。

 展望回廊に行く際は、45階のボタンを押す。

45階に到着

 着物を着た方が、案内係の方で、入場料は、係員の方に支払うことになっている。なお、宿泊者は無料で展望回廊を堪能することができる。

 入場料は、大人500円、子供300円となっている。(宿泊者は無料)

 営業時間は、10:00~18:00(最終入場は17:30)

 ゴールデンウィークや年末年始を除く土曜、日曜は休業のようである。また、平日の営業も不確定のため、事前に確認を行ったほうが良い。

 休みの日や夜景がきれいな夜間に入場できないのは残念である。

 エレベーター下りて正面にあるカウンターに備え付けの用紙に代表の方が氏名や住所等を記載し、係員に入場料と一緒に渡して展望回廊に入ることとなる。

 展望回廊の様子

 椅子が置かれており、椅子に座って景色を眺めることができるようになっている。

浜松市が一望できる。

 北側と南側とで、雰囲気が異なる。

 直下にあるのは、浜松駅

 奥には、遠州灘を見ることができる。

 45階には、チャペルがあり、天空の結婚式ができるようである。

 FM局のサテライトスタジオも置かれていた。

料金・営業時間・アクセス

入場料・・・大人500円、子供300円となっている。(宿泊者は無料)

営業時間・・・10:00~18:00(最終入場は17:30)

 ゴールデンウィークや年末年始を除く土曜、日曜は休業のようである。また、結婚式が行われている時間帯は、開放を行っていないようである。その他、平日の営業も未定のようである。エレベーターに乗る前に、1Fのホテルオークラフロントで、営業を行っているか否かを確認されたほうがいいかと思われる。また、下記リンクの展望回廊公式ページにも営業日が書かれているので、確認を。

アクセス

JR東海道新幹線、東海道線浜松駅降りてすぐ。

リンク

アクトタワー展望回廊・・・展望回廊 | 館内施設 | 【公式】オークラアクトシティホテル浜松 (act-okura.co.jp)

SponsoredLink