浜松ー名古屋間を格安で移動する方法~浜松から名古屋まで3000円で往復ができる!

Google MAPより

静岡県の浜松市から名古屋への移動手段は、公共交通機関を使用する場合、新幹線、JR東海道線、JR東海道線+名鉄、遠州鉄道自動車学校前駅近くにある東名の浜松北バス停から高速バス(JR東名ハイウェイバス)を利用す方法がある。

SponsoredLink




料金は、

①新幹線(浜松ー名古屋)自由席利用・・・4510円

②JR東海道線(浜松ー名古屋)・・・1980円

③JR東海道線+名鉄・・・JR(浜松ー豊橋)680円+名鉄(豊橋ー名鉄名古屋)1140円 合計1820円

④高速バス(JR東名ハイウェイバス)・・・遠鉄(新浜松ー自動車学校前)190円+JRハイウェイバス1760円 

合計1950円

となっている。

土日祝日限定だが、浜松ー名古屋間を片道1410円で移動する方法がある。今回は、この方法を紹介します。浜松ー名古屋間を往復しても3000円でお釣りがきます。

浜松駅にある運賃表。

JRを使用した場合、名古屋まで1980円となっている。

①浜松ー豊橋間

浜松駅周辺には金券ショップが数件ある。浜松ー豊橋間の乗車券は、金券ショップで購入する。

金券ショップで購入した浜松ー豊橋間の乗車券。通常680円のところ、50円引きの630円で購入できる。

てなことで、JR在来線の改札へ。

普通列車豊橋行きへ乗車

今回乗車するのは、211系電車である。

浜松駅から30分ほどで豊橋駅へ到着。

豊橋駅で、名鉄に乗り換える。

なお、名鉄線の切符は豊橋駅で購入するため、一度改札口を出る。

SponsoredLink




②豊橋ー名古屋間

改札を出るとすぐ左手に券売機がある。豊橋駅は、JRと名鉄の共用駅であるため、券売機も並んで設置してある。右側が名鉄の券売機である。

今回購入するのは、なごや特割2土休日きっぷである。2枚で1560円である。片道あたり、780円である。

今回購入した「なごや特割2土休日」きっぷ

再度改札口へ

JRと名鉄ともに同じ改札を使うこととなる。

名鉄線は、3番線から出発する。

3番線ホームには、JR↔名鉄乗り換え用のICカードリーダーが設置してある。

3番線停車中の快速特急で名古屋へと向かう。

豊橋から50分ほどで名古屋へ到着

まとめ

この方法を使えば、土休日限定であるが、浜松と名古屋を2820円で往復できる。浮いたお金で、おいしいものを食べたり、買い物をしたりと。

浜松と名古屋を往復される際には、ぜひ一度使われてみてはどうか。

SponsoredLink




リンク

浜松駅 金券ショップ・・・JR在来線乗車券・名鉄線・近鉄線乗車券|格安販売価格表 – 金券ショップ フリーチケット (freeticket.jp)

名鉄なごや特割2平日・なごや特割2土休日・・・なごや特割2平日・なごや特割2土休日 – 電車のご利用案内 | 名古屋鉄道 (meitetsu.co.jp)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です