道路走行記 (蒲郡バイパス上り蒲郡IC→豊橋バイパス豊川為当IC間)

このページでは、現在工事中の蒲郡バイパス豊川為当IC~蒲郡IC間を連絡する一般道の走行記を紹介する。なお、豊川為当ICと蒲郡ICの間は、2024年度の開通を目指しているとのこと。この区間が開通すると、豊明から浜松までの区間が信号のない道路で結ばれることになる。

蒲郡ICから県道73号→国道247号→国道23号(現道)→県道31号経由で12kmほどで、日中では約25分で通過できる。

蒲郡ICを左折し、県道73号へ。

 

 

 

SponsoredLink

 


 

正面には、建設中の蒲郡バイパスの橋脚が見える。

左手にローソンが。

エネオスのある交差点を左折し、国道247号へ。

この区間は、4車線化されるのであろうか。

蒲郡市民病院前を通過。

国道247号を豊橋方面へ直進。

この先、片側2車線区間へ。

東海道新幹線、東海道線に下を通過。

浜松55km、豊橋16km

この先、国道23号の現道へ。

浜松53km、豊橋14km

ラグーナ蒲郡付近を通過。

遊園地であるラグナシア、ショッピングゾーン、ホテルなどがある。

海沿いを進む。

浜松51km、豊橋12km

豊川市へ

この先、左折し県道31号へ。

ここから、県道31号へ。

東海道新幹線の下を通過。

豊川7km、国道1号4km

これまで通行してきたのは津波浸水想定区域であった

東海道線の上を通過。

この先、国道23号豊橋バイパスへ。

豊川為当IC

橋脚はすでに出来上がっていた。

これより、浜松市内まで再び連続高架区間が続く。

豊橋バイパスへ続く。

道路走行記 (蒲郡バイパス上り蒲郡IC→豊橋バイパス豊川為当IC間)” に対して2件のコメントがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です