四季折々の色鮮やかな花々に囲まれた憩いのガーデン 浜名湖畔に位置するはままつフラワーパーク(静岡県浜松市)

2021.3現在

四季折々の花が美しい浜松市の浜名湖湖畔に位置するはままつフラワーパーク。東京ドーム6.4個分(約30万m2)の敷地内には、様々な花が植えられ、季節によってさまざまな風景を見ることができる。また、周囲には、動物園、舘山寺温泉、舘山寺、遊園地、浜名湖遊覧船、ロープウェイなど様々な観光・レジャースポットがある。

SponsoredLink




園内の紹介

園内のMAP

主な入場ゲートは、2か所ある。

今回は、メインエントランスから入場した。

メインエントランス。

こちらで、入場券を購入し、園内へと入ることとなる。

年間パスポートも販売していた。

車いすやシニアカーも貸し出ししている。

この日は、天気も良くて、最高に気持ちよかった。

メインエントランスを入ると、正面に、フラワートレインの乗り場がある。

こちらから、園内を周遊するフラワートレインに乗車することができる。

乗車には、1回100円(大人)が必要となる。

途中、3か所の停留所があり、乗り降りができる。

メインエントランスを入ると、大きな池が目に入る。

こちらでは、噴水ショーが開かれている。

大温室近くには、植栽でできたモニュメントが。

天気がよく、暖かく、気持ちが良かった。

色とりどりのチューリップが美しい。

桜も満開になれば、さらに美しくなるだろう。

こちらは、満開に近かった。

赤とピンクのコンストラクトが美しい。

園内の3か所にフラワートレインに乗車するための停留所が設けられている。

園内には、東屋やベンチが設けられており、読書を楽しんでいる方もいた。

鯉のえさが。

日本庭園の池には、鯉も泳いでいた。

また、各所に貸し出し用の傘が置かれていた。

突然の雨の際でも安心である。

こちらには、動物園とフラワーパークとを行き来できる共通門がある。

16:00には閉鎖とのこと。

フラワーパーク側から見た動物園

園内には、つり橋がある。

つり橋からの眺めも最高である。

チューリップと桜はとても美しいものである。

温室へと戻ってきた。

温室内の様子。

温室内にも売店がある。

こちらでは、ローズソフトなるものが売られていた。

その他

温室付近には、高齢の方や体の不自由な方向けのリフトがある。

観覧車がある子ども向けの広場

メインエントランス付近にあるおしゃれなカフェ

メインエントランス内にある売店・レストラン

最後に

この日、園内を1周するのに、約2時間程度であった。園内には様々な花が植えられ、本当に美しいところであった。浜松に来られた際には、一度行かれてはどうであろうか。

入園料・開園時間

入園料

はままつフラワーパーク

期間大人
(高校生以上)
小中学生障がい者
3月~6月600円~1000円300円~500円300円~500円
7月~8月無料無料無料
9月~2月500円無料無料

ほかに、隣接する動物園とのセット入園券も販売されている。

開園時間

3月~9月10月~11月12月~2月
9:00~17:009:00~16:3010:00~16:30

※季節により夜間開園する場合あり。

アクセス

東名高速道路舘山寺スマートインターチェンジより5分

駐車場

1回200円(普通車)

広大な駐車場も、ベストシーズンには満車になることもしばしば。

バス

フラワーパークメインエントランスの前にバス停がある。

浜松駅北口バス乗り場1番のりばより舘山寺温泉行に乗車

フラワーパーク下車すぐ

浜松駅よりフラワーパークまでの乗車時間は約40分 運賃:570円

日中時間帯は、1時間に2本程度運行されている。

リンク

はままつフラワーパーク

はままつフラワーパーク【公式サイト】~世界の花のテーマパーク~ (e-flowerpark.com)

遠鉄バス

路線別時刻表|路線・時刻表・運賃|遠鉄バス(路線バス・空港バス・高速バス) (entetsu.co.jp)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です