雪の中の米原駅(滋賀県)

2020.12時点

SponsoredLink




今回は、大雪の中の米原駅を紹介する。

降雪時は、米原駅構内に設置のスプリンクラーも稼働しており、米原駅新幹線ホームは、降雪とスプリンクラー、新幹線の写真を撮影できる有名な撮影スポットである。

この日は、大雪で、米原駅周辺もかなりの雪が積もっていた。

周辺には、多くのコイン駐車場もあるが、雪の影響で多くの駐車場の入り口がふさがれていた。

自由通路構内

米原駅は、在来線の管轄は、JR西日本。新幹線の管轄はJR東海となっている。在来線は、東海道線、北陸線が乗り入れている。そのほかに近江鉄道線、東海道新幹線が乗り入れている。

米原駅は、簡素なつくりとなっており、駅構内にはコンビニがある程度である。

在来線改札。

在来線ホームも一面の銀世界となっていた。

東海道新幹線乗り場

今回は、入場券150円を購入し、新幹線ホームへ入場する。

新幹線改札内。

待合室内にコンビニがあるのみで、カフェ等はない。

新幹線・在来線乗り換え改札

東海道新幹線と北陸線福井方面の特急との乗り換え拠点駅となっており、多くの乗り換え客がいる。

米原駅停車の新幹線は、日中、1時間当たり、ひかり1本、こだま2本が停車する。

米原駅通過の新幹線

この日は、スプリンクラーも稼働していた。

この日の下りホームには、雪と新幹線を撮影しようと多くのカメラマンがいた。

雪と新幹線もなかなか合いますな。

SponsoredLink




米原駅周辺MAP

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です