富士山本宮浅間大社での初詣(静岡県富士宮市)

世界遺産富士山の構成資産。摂社・末社あわせて1,300余社を超える浅間神社の総本宮。富士山を御神体とする。本殿・拝殿・桜門などは徳川家康の建立寄進によるもので、本殿と拝殿は重要文化財。毎年5月4日~6日のやぶさめ祭、11月3日~5日の富士宮まつりは10万人の人が訪れる。境内には国指定特別天然記念物「湧玉池」がある。

SponsoredLink

ご祭神は、美の象徴として知られる木花之佐久夜毘売命(このはなのさくやひめのみこと)。安産や縁結びなどにご利益があり、女性のパワースポットめぐりにぴったりな場所である。

神社付近からは、富士山をきれいに見ることができる。霊峰富士のふもとにあるこの神社は、まさにパワースポット

本殿の入り口

富士宮駅と神社の間には、静岡県富士山世界遺産センターがある。

富士宮はまさしく富士山観光の静岡県側の入り口となっている。

アクセス

公共交通機関を利用する場合・・・JR身延線富士宮駅から徒歩で10分

車を利用する場合:付近には、神社の駐車場や民間のコインパーキングなど多くの駐車場がある。

リンク

  • 富士山本宮浅間大社

富士山本宮浅間大社:トップ (fuji-hongu.or.jp)

  • 静岡県富士山世界遺産センター

【公式ホームページ】静岡県富士山世界遺産センター (mtfuji-whc.jp)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です